このページの先頭へ

南海高野ほっと・ねっと

世界遺産・高野山へは、南海電車で。お問い合わせ

二大聖地を一気にまわろう!

高野山から、熊野へ巡礼。

高野山観光から熊野本宮温泉郷、熊野本宮大社へ。
高野山から雄大な景色の高野・龍神スカイラインを通る便利なバスを利用して、
和歌山の世界遺産である聖地を巡るモデルコースです。

1 高野山駅前・2 護摩壇山・3 李楽里龍神温泉・4 熊野本宮大社・5 ホテル中の島(宿泊)・6 熊野古道大門坂と那智山めぐり

1日目 9:55① 高野山駅前から出発

聖地巡礼バスで出発!

高野山から、少し足をのばしてもうひとつの聖地・熊野本宮大社を目指します。
高野山から、熊野本宮温泉郷、熊野本宮大社へ移動するには『世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス』が便利です。
宿坊に宿泊された方は、千手院橋バス停または奥の院前バス停からでも乗車いただけます。

  • 千手院橋バス停の写真
    千手院橋バス停
  • 奥の院前バス停の写真
    奥の院前バス停

↓

11:00着 11:20発

② 護摩壇山で乗り換え

乗り換え時間は20分間。
公衆トイレ有り。ごまさんスカイタワーで景色を堪能するのもオススメ!

↓

11:55③ 季楽里龍神で昼食

和歌山のおいしい旬のお料理を。

ここで30分間バスが停車します。この間に昼食はいかがですか?
紀州うめどり親子丼や鹿肉スパイシーカレーなど和歌山ならではのメニューをお楽しみください!

12:30再びバスで出発!

↓

13:25栗栖川で乗り換え乗り換え2分

↓

14:45④ 熊野本宮大社(世界遺産)

はるか昔から人々の信仰に支えられた聖地

熊野神社の画像1

全国にある「熊野神社」の総本山にあたる熊野三山(本宮、新宮、那智)。その中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、熊野本宮大社です。平成16年7月に世界遺産に登録されています。

熊野神社の画像2熊野神社の画像3

15:20熊野交通特急バスで紀伊勝浦駅へ

↓

16:44紀伊勝浦駅到着

世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス

運行日 平成29年11月30日まで
平日 1往復(午前便)、土日祝 2往復運行
毎日運行

※但し、上記期間中、高野龍神ウルトラマラソン開催のため、運行休止日あり

ご予約・お問い合わせ先、詳細はこちら

紀伊勝浦駅より徒歩で船着場へ向かい、船でホテル中の島へ。

↓

⑤ ホテル中の島に宿泊

島まるごと1つがホテルになっている景勝地

ホテル中の島の画像

エメラルドグリーンや紺碧色に変化する海に囲まれたロケーションにあるホテル中の島。海を望む温泉は1日800トンの湧出量を誇る源泉かけ流し。目の前に波が押し寄せる絶景露天風呂「紀州潮聞之湯」は圧倒的なスケールで楽しめます。

ホテル中の島の温泉画像ホテル中の島の料理画像

2日目 9:30紀伊勝浦駅から「レトロバス」で出発レトロバスの画像

↓

⑥ 熊野古道大門坂と那智山めぐり

熊野古道大門坂画像那智の滝画像熊野古道大門坂→那智の滝→熊野那智大社(日本三大名瀑の一つ。水柱は落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの名瀑で、落差は日本一。)・青岸渡寺

創建1700年!熊野信仰の中心地

日本三大古道の一つ、熊野古道を通る大門坂は、熊野詣で栄えた当時の面影を特に美しく残しており、聖地「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。
また古来より多くの人々の信仰を集めた熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、今なお多くの参詣者が訪れています。

↓

12:09紀伊勝浦駅着

お疲れ様でした!お帰りはJR特急くろしおをご利用ください。
昼食は勝浦周辺のまぐろ丼がオススメです。

JR特急くろしお画像

このモデルコースを一気に巡るツアーはコチラ!