このページの先頭へ

南海高野ほっと・ねっと

世界遺産・高野山へは、南海電車で。お問い合わせ

歩こう!町石道編

慈尊院から大門を経て根本大塔までのハイキングコースをご紹介します。<br>
(約21km/約7時間) ※所要時間は目安です。
マップ

高野山町石道

「高野山町石道」は高野山麓の慈尊院(九度山町)から大門を経て奥之院に至る約24kmの参道。弘法大師が高野山を開山して以来、信仰の道とされてきました。
町石は、鎌倉時代に道しるべとして建てられた高さ約3mの五輪塔形の石柱で、根本大塔を起点として慈尊院まで180基、弘法大師御廟まで36基建てられています。
かつては町石のひとつひとつに礼拝して登ったと言われる町石道。現在は道も整備され、昔の面影を残す180の町石を数えながら、ハイキングを楽しむことができます。
平成16年に高野山とともに「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録されました。

案内図

このルートの詳しい案内図は
南海主要駅にあります。

九度山駅からSTART!
約0.5km 約10分

真田庵

激動の時代を生きた
戦国武将ゆかりの寺院

「真田庵」は、戦国時代を生きた真田昌幸・幸村父子が隠れ住んでいた屋敷跡に建つ寺院の通称。
ぼたんの名所としても知られています。

約1km 約20分

慈尊院

讃岐国から高野山を訪れた弘法大師空海の御母公が、女人禁制のため入山できず、この地で亡くなったことから、弘法大師が母公のために、弥勒堂を建立し、本尊の弥勒菩薩坐像(国宝)を安置。それ以来「女人高野」とも呼ばれ親しまれています。

約5km 約80分

六本杉

136町石のあたり。昔は見事な杉木立があったとか。ちょっとした広場になっていて、休憩ポイントにも。

約2.4km 古峠を通るルート 約60分
約2km こっちのルートも
おすすめです
約20分

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

約1700年前に創建された、全国約180社の丹生都比売神を祀る神社の総本社。
「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとして世界文化遺産に登録されています。

約2km 約35分

二ツ鳥居

石の鳥居が二つ並んだ珍しい光景。丹生明神と高野明神の鳥居で弘法大師の建立と伝えられています。この二ツ鳥居からは天野の美しい田園風景が一望できます。

約6.8km 約120分

矢立

60町目!コースは残り3分の1

矢立茶屋の「やきもち」は花坂名物だとか。
茶屋で一息ついたら、左手の道を上がっていきましょう。急な上りが続きますがコースは残り3分の1です!

約5.8km 約120分

大門

最後の急な坂を登りきると、
高野山の総門が。

巨大な重層の楼門、大門。何度か焼失の難に遭い、現在のもので築後約300年。阿形像・吽形像を配し一山の総門にふさわしい堂々とした門です。

約0.5km 約10分

矢立

GOAL!!

町石道の基点、根本大塔に到着した後は、
山内散策をお楽しみください。

高野七口とは

高野山へ通ずる七本の街道

高野山へ通ずる七本の街道「高野七口街道」は、参詣道として多くの人々が行き交い、また現在はハイキングルートとしても人気を集めています。世界遺産にも登録されている「高野山町石道」「熊野古道小辺路」を含む 本の街道は、それぞれ一日で楽しめるウォーキングコースです。自然と歴史あふれる古の道を歩いてみませんか。

高野七口街道

  • 高野山町石道
  • 高野街道京大坂道
  • 黒河道
  • 大峰道
  • 熊野古道小辺路
  • 有田・龍神道

※相ノ浦道は崩落のため、
 現在通行できません。

歩いて行こう!

※掲載情報は2015年8月のものです。内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。

高野山観光パンフレットはこちら