このページの先頭へ

南海高野ほっと・ねっと

真田・九度山ガイド 〜南海電鉄で紀州九度山へいざ出陣!!〜

NANKAI 南海電鉄

真田幸村と九度山

真田氏家系図

戦国武将 真田幸村誕生

1567年、真田幸村は武田家に仕える信濃国(長野県)に昌幸の次男として、誕生しました。
幸村は初陣の時、わずか三百の兵で四万余りの敵に遭遇するものの、闇夜にまぎれて奇襲攻撃をしかけ敵を大混乱させるなど、若くして父譲りの軍才を発揮します。

その後、1600年の関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と幸村は西軍に、兄・信幸は東軍につくことになります。昌幸と幸村は上田城で東軍の徳川秀忠軍を食い止め、決戦場(関ヶ原)に遅参させるなど奮闘したものの、肝心の関ヶ原では、西軍が敗れてしまいます。徳川家康は昌幸と幸村を死罪にするつもりでしたが、兄・信幸と義父・本多忠勝の懇願もあり、特例として2人に高野山での謹慎を命じました。

九度山での忍耐の日々

高野山があまりにも寒かったため、その年の冬に高野山の麓・九度山に移り住み、来るべき日に備えて兵術や水練の特訓を重ねます。また、刀の柄に巻く丈夫な真田紐を織り、家来に全国各地に売り歩かせて、諸国の動静を探ったり、資金集めをしたりしていたと言われています。

しかし、父・昌幸は再起の夢も虚しく、1611年に病死しました。その後の幸村は、兄・信幸の仕送りに頼るほどの苦しい生活を送っていました。

真田紐の写真

真田庵の写真

真田庵
真田昌幸・幸村父子が隠れ住んでいた屋敷跡に建つ寺院。

九度山からいざ激闘の地へ

やがて、豊臣と徳川の関係が悪化すると、豊臣の使者が「徳川を滅ぼすため、幸村殿の力を貸していただきたい。」と幸村のもとに尋ねてきます。幸村は感極まって、すぐさま快諾します。14年間住んだ九度山で、幸村は周辺の農民とも親しくなっており、幸村の心境を察した農民は幸村親子の出立に協力したようです。こうして、幸村は九度山の人々に温かく見送られながら、妻と子・大助とともに大坂城に入城します。

徳川軍も認める武将としての真田幸村

1614年、大坂冬の陣が始まる時、幸村は精鋭部隊の証である鎧や武具を赤に統一し、「真田の赤備え」として、戦場で目立つ結束と武勇を示しました。幸村は、大坂城南側に土作りの頑固な出丸「真田丸」を築いて徳川の大軍を迎え討ち、その武名を天下に知らしめしました。翌年、大坂夏の陣でもわずかな兵で家康を狙い、戦列を変えて3度も本陣への突撃を繰り返すなど、家康に自害を覚悟させるほど追いつめましたが、怪我をして休んでいるところを討ち取られてしまいます。享年49歳でした。

その後、幸村は徳川軍として参戦した薩摩国(鹿児島県)の島津家に「真田日本一(ひのもといち)の兵(つわもの)古(いにしえ)よりの物語にもこれなき由(よし)」と賞賛されるなど、幸村に仕えたと言われる「真田十勇士」とともに語り継がれ、今もなお根強い人気を誇っています。

参照:真田幸村物語(和歌山県九度山町ホームページ)

九度山のあちこちにある真田を探そう

九度山には真田幸村ゆかりの地や、真田にちなんだスポットがたくさんあります。
ぜひ散策しながら、まちの中にとけこんだ真田を探してみてください!

真田のみちの写真
風情ある商店街「真田のみち」

九度山駅ホームの写真
「真田幸村と十勇士」のイラストがデザインされた九度山駅ホーム

真田古墳の写真
真田庵に向かう途中にある「真田古墳」