このページの先頭へ

南海高野ほっと・ねっと

真田・九度山ガイド 〜南海電鉄で紀州九度山へいざ出陣!!〜

NANKAI 南海電鉄

九度山観光スポット

九度山町マップ 真田庵 真田古墳 九度山・真田ミュージアム 九度山・真田ミュージアム 慈尊院 丹生官省符神社 町石道 松山常次郎記念館 米金の金時像 旧萱野家(大石順教尼の記念館)

九度山のおすすめ観光mapはこちら→ 九度山町MAP(PDF 8.5MB)

真田ゆかりの地をめぐる

真田庵の写真

1真田庵

真田幸村と昌幸親子が隠れ住んでいた屋敷跡に建つ寺院

敷地内には幸村が、落ちた雷を閉じ込めて村人を救ったという言い伝えが残る「雷封じの井」や、真田宝物資料館などがある。春には、真田庵に咲く大輪の美しいぼたんは必見。いろいろな真田親子の伝説を見つけてみて!

和歌山県伊都郡九度山町九度山1413番地
☎ 0736-54-2218
九度山駅より徒歩約10分

真田宝物資料館
入館料:200円
(要予約:団体でご住職の案内を希望される場合300円)
開館時間:9:00~16:00
休館日:年末年始以外無休(臨時休館の場合あり)

真田古墳の写真

2真田古墳(真田の抜け穴伝説)

真田庵に続く伝説の抜け穴?!

「真田のみち」から真田庵に続く道の途中にある真田古墳。
真田庵から東へ170mほどの所にあり、長い間真田幸村はこの抜け穴を使って大坂に出向いたとも言われていたそう。

九度山駅から徒歩約10分

3九度山・真田ミュージアム

九度山・真田ミュージアム外観

2016年1月放送のNHK大河ドラマ「真田丸」を記念して、九度山に九度山・真田ミュージアムが平成28年3月13日にオープン。真田昌幸・幸村・大助の真田三代の軌跡と、14年間という幸村の生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活をパネル展示やドラマ仕立ての映像により紹介します。

館内写真

入館料:大人(高校生以上)500円、小人(小学生・中学生)250円 ※当日券
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4
☎ 0736-54-2727
九度山駅より徒歩約10分

風情あふれる歴史スポット

慈尊院の写真

4慈尊院じそんいん(世界遺産)

子授け、安産などを願って乳房型絵馬が奉納される世界遺産の寺院

古くより弘法大師空海の御母君公の御寺として知られる慈尊院。
女人禁制の高野山に対して、「女人高野」と呼ばれ親しまれている。
「子宝、安産、育児、授乳、病気平癒」など広く祈願して、日本でも非常に珍しい「乳房型絵馬」をご奉納するお寺。ここ近年、特に多いのが乳がん平癒の祈願で、多数の女性が熱心に参拝に訪れる。

和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
☎ 0736-54-2214
九度山駅から徒歩約30分

丹生官省符神社の写真

5丹生官省符神社にうかんしょうぶじんじゃ
(世界遺産)

弘法大師空海により創建された世界遺産

弘法大師空海が慈尊院を建立した際、地元ゆかりのある丹生都比売・高野御子の二神を祀った神社。丹生官省符神社の神様の使いである白黒2頭の犬は、安産、子授け祈願、縁結びの神さまとして古くから尊崇されている。

和歌山県伊都郡九度山町慈尊院835
☎ 0736-54-2754
九度山駅から徒歩約35分

6町石道ちょういしみち(世界遺産)

180の町石を数えながら、ハイキングが楽しめる

町石とは、道標(しるべ)で高野山まで続く。1町は約109m。
高野山上の金剛峯寺を訪問する際は、「町石道」と呼ばれる参詣道を麓から歩くのが本来の作法。一気に山上までケーブルカーで駆け上がらず、まずは、参詣道の起点となり高野山と関連・共存してきた麓の寺社から巡ってみてはいかが?

7松山常次郎まつやまつねじろう記念館

九度山町が生んだ偉大な政治家の記念館

松山常次郎記念館の写真

入館料:200円(中学生以下100円)
開館時間:10:00~16:30
休館日:月曜日・火曜日
(ただし、祝日の場合は翌平日)
及び年末年始(12月25日~1月10日)

九度山町が生んだ政治家(元衆議院議員)・松山常次郎氏に関する遺品や資料の展示がされている。
また、常次郎氏の長女美知子氏は、絵画界の巨匠・平山郁夫画伯の夫人であることから、平山郁夫画伯の絵画を展示しており、九度山町の観光の拠点となっている。

和歌山県伊都郡九度山町九度山1452
☎ 0736-54-2414
九度山駅から徒歩約12分

8米金こめきん金時きんとき

通りのシンボル的存在!2メートルあまりの陶像

米金の写真

今も町の人々から親しまれている米金の金時は、大正時代の初期に焼き上げられた九度山焼。こんなに大きな陶像は世界的にも珍しいそう。

九度山駅から徒歩約10分

9旧萱野家きゅうかやのけ大石順教尼おおいしじゅんきょうにの記念館)

町指定建造物

旧萱野家の写真

入館料:無料
開館時間:10:00~16:30
休館日:月・火曜日
(ただし祝日は開館、翌平日休館)
及び年末年始(12月25日~1月10日)

若くして両腕を失いながらも、口に筆をとって優れた芸術作品を遺した大石順教尼の書画や愛用品が展示されている。彼女が高野山で出家する際の菩提親となった萱野正之助夫妻の暮らした邸宅で、県内で数少なく現存する「高野山里坊」で歴史的建造物である。

和歌山県伊都郡九度山町九度山1327
☎ 0736-54-2411
九度山駅から徒歩約7分