天空

天空に乗ると

くどやま
九度山駅

1924年12月に開業した九度山駅は、駅舎・ホームともに温かみのある木造作り。
高野山への代表的な入山ルートで世界遺産に登録されている高野山町石道へも、この駅から始まります。

真田赤備えに装飾
駅の写真 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」放映を契機に、真田幸村蟄居の地である九度山町の玄関口・九度山駅の駅舎やホームを落ち着いた風合いに塗装するとともに、真田の「六文銭」をあしらった暖簾や幕を掲出し、真田ゆかりの地の特別感を演出しています。

九度山駅のホームを美しく飾る花々。
花壇は和歌山県で育った紀州材を使用しており、「真田幸村と十勇士」のイラストがデザインされています。

九度山駅真田花壇の写真九度山駅真田花壇

真田庵
「真田庵」は、激動の戦国時代を生きた真田昌幸・幸村父子が
隠れ住んでいた屋敷跡に建つ寺院の通称。
春には庭に美しい大輪のぼたんが咲きます。
和歌山県伊都郡九度山町九度山1413番地
電話 0736-54-2218
九度山駅より徒歩約10分

真田庵の写真

慈尊院
開山当時、女性の高野山参りはここまででした。讃岐の国から弘法大師空海を訪れた御母公も入山できず、この地で亡くなっています。
その御母公のために空海は弥勒堂を建立し、本尊の木造弥勒仏座像を安置。「女人高野」とも呼ばれ、現在も安産、育児などの祈願に多くの女性が訪れます。
和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
電話 0736-54-2214
九度山駅から徒歩約30分

慈尊院の写真

真田古墳の写真

真田古墳
「真田のみち」から真田庵に向かう途中にある古墳。長いあいだ真田庵に続く抜け穴と伝えられてきました。

米金の金時像の写真

米金の金時像
「真田のみち」の旧家・米金の正面に飾られた金時の陶像は、大正のはじめ頃に焼き上げられた九度山焼。2メートルあまりの陶像は全国的にも珍しく、通りのシンボルとして親しまれています。

松山常次郎記念館の写真

松山常次郎記念館
九度山町が生んだ政治家・松山常次郎の遺品や資料を展示。
平山郁夫画伯の絵画もみどころ。

和歌山県伊都郡九度山町九度山1452
電話 0736-54-2414
入館料:200円(中学生以下100円)
開館時間:10:00~16:00
休館日:月曜日・火曜日
九度山町駅から徒歩約12分

丹生官省符神社の写真

にうかんしょうふじんじゃ
丹生官省符神社
弘法大師空海が慈尊院を創建した際、守り神として地元ゆかりのある丹生都比売・高野御子の二神を祀った神社。1541年に再建された本殿は3棟からなり、世界遺産に登録されています。

和歌山県伊都郡九度山町慈尊院835
電話 0736-54-2754
九度山駅から徒歩約35分

このページのトップへ